気軽にできるボトックス注射の費用は?【安全性の高い美容整形】

筋弛緩作用のある薬は禁忌

女医

症例数の多い医師が理想

眉間と目尻の表情ジワを解消する効果が期待できるとして、ボトックスは多くの美容クリニックで取り扱っています。また、効果は認定されていないものの、小顔効果やふくらはぎの痩身、肩こりの解消などにも活用できます。これは筋肉を収縮させるために働いている神経伝達物質が届かないように操作する効果があるためです。例えば、咬筋が発達してエラが張っている人にボトックスを注射すると顔のラインがシャープになりますし、ふくらはぎの筋肉が発達している人に打つとマネキンのようなすらりとした足になります。つまり、張っている筋肉を緩める筋弛緩効果があるので、肩こりにも有効なのです。ボトックス施術をする前に、同様の筋弛緩効果がある薬を服用していると施術が受けられません。筋弛緩効果のある薬は抗生物質に多く、心臓病の薬も一部禁忌となっています。神経や筋肉に関係する病気を持っている人や妊娠中の人も注射は避けてください。禁忌事項は予め説明されますが、そのとき念のために飲んでいるサプリメントも申告します。ビタミンEや魚油由来のサプリメント、市販薬でも解熱鎮痛薬などは数週間前に服用していると注射によるアザが出やすくなるので注意が必要です。注射の痛みに弱い人は多く、ボトックス施術に踏み切れない人もいるかもしれません。しかし、注射前に麻酔クリームを塗るなどして感覚を鈍くしてくれるクリニックがほとんどなので心配は要りません。よほど痛みに弱ければ、笑気麻酔を使ってくれるでしょうが、その分費用は高くなることが予想されます。ボトックスが発売された当初は、顔が引きつったり笑顔が不自然になったりといった副作用が話題となりました。そのイメージが強い人は、注射を敬遠してしまうかもしれません。確かに、そういった副作用が絶対に起こらないわけではありません。でも発売元がクリニックに対して施術の講習会を行っており、着実に美容クリニックの技術は向上しています。講習会に参加して認定書を貰っている美容クリニックだと安心です。それに、ボトックスは注射する位置と量が適切かどうかが重要です。多くの症例をこなしている医師はそれを熟知しており、万が一失敗しても修正法を知っています。技術に自信のあるクリニックは、スタッフに対しても施術していることが多いです。問い合わせても良いですし、ホームページに載っていれば自信がうかがえます。それから、ボトックスは世界中のクリニックで使われていて、市場シェアは9割といわれています。国内においても、眼科や神経分野など幅広く治療に用いられているほど品質はお墨付きです。その一方で、リーズナブルな価格で利用できるボツリヌストキシン製剤も多種類販売されて、クリニックによっては注射が可能です。品質に差はないという医師もいると同時に、品質への不安が残るという意見もあります。安価なボツリヌストキシン製剤における副作用などは、カウンセリングで確認するといいでしょう。情報を隠さずに伝えてくれる医師は信頼に値します。それから、麻酔の有無は患者が選択可能です。痛みに弱くない人は耐えられる痛みですから、麻酔を強く勧めてくる場合は、注射の腕に自信がない可能性があります。ぜひ誠実な医師が担当してくれるクリニックを選んでください。

Copyright© 2018 気軽にできるボトックス注射の費用は?【安全性の高い美容整形】 All Rights Reserved.